プロのインテリアコーディネーターを地域別、得意分野別に紹介。インテリアコーディネートをプロに依頼したい方はもちろんプロを目指す方、既に活躍されている方が集うウェブサイトです

インテリアコーディネーター名鑑 interior coordinator directory
TOPインテリアコーディネーター名鑑とはインテリアコーディネーター掲載者一覧インテリアコーディネーターブログ一覧書籍情報リンク集
インテリアコーディネーター掲載者詳細
細見 貴子Takako Hosomi
〜エレガントなインテリアならプリンセスハウスにおまかせ下さい!〜
商 号
株式会社プリンセスハウス
住 所
東京都港区南麻布4-1-29 広尾ガーデン2F
TEL
03-3473-8061
FAX
03-3473-8062
ホームページ
http://www.princesshouse.co.jp

ヨーロッパのラグジュアリー ホテルのような雰囲気に

 プリンセスハウスにインテリアを依頼する顧客の求めるイメージがこれである。欧米の超高級ラグジュアリーホテルを知り尽くした顧客が、日本での我が家にそのイメージを求め、若い頃から自分と同じように、そんなホテルに泊りつくしている細見さんとプリンセスハウスのデザイナーの感性に期待しているのだ。細見さんの著書の中には、「細見貴子のお薦めホテル」のページもある。

「プリンセスハウス スタイル」とは

 一言で表すと、淡いパステルカラー中心の明るい色使いでありながら、高級感とエレガントな雰囲気を醸し出す、新しいクラシックスタイルなのである。このスタイルで一番重要なのが、贅沢なファブリックの使い方。オートクチュール級のバランス(上飾り)付きのカーテンなくして、「プリンセスハウス スタイル」には成りえないと言っても過言ではない。もちろんカーテン1窓からの依頼も受けるが、要望があれば、1部屋まるごとトータルにデザイン&施工する仕事も請け負う。実例集に登場しているマダムやお嬢様がたの部屋は、まさにそんな夢のような「プリンセスハウス スタイル」ばかりなのである。

仕事の依頼は全国から

 プリンセスハウスは依頼があれば、全国どんな場所でも担当デザイナーが付き、家具やカーテンなどの納品に伺う。ただし、リフォーム工事を直接請け負えるのは、関東・関西・福岡のみ。そのほかのエリアの場合は、壁紙・モールディングなどの材料を担当デザイナーのアドヴァイスのもとプリンセスハウスから購入し、地元の建設業者に依頼して施工してもらう方法をとっている。もちろん家具やカーテンなどは東京のプリンセスハウスで製作したものを納品している。

顧客の多くが富裕層の奥さま&スペシャリストの女性

 会社社長・開業医・スペシャリストなど所謂富裕層の顧客が多く、自宅はもちろん、自宅を気に入ってくれた顧客から、別荘、クリニック、美容系サロン……と仕事の幅はますます広がっている。最近一人暮らしの「はたらく女性」のお客様も増えているとのこと。
OLの方のワンルームのカーテン1窓といった相談にも気軽にのってくれるのが嬉しい。
進行中の物件のうち常時半数以上がリピーターの顧客からの依頼ということからも、プリンセスハウスの仕事に対する顧客の満足度がいかに高いかがかわる。

まずは6冊あるプリンセスハウスの実例集を研究することから!

 ほとんどのお客様が、実例集を書店またはプリンセスハウスで購入したことがきっかけで仕事の依頼があるという。同じエレガント系といっても、ピンクが好き、大人っぽいシャンパンカラーが好み……というように、好みは微妙に違うはず。多くのお客様がこの実例集でじっくりと研究してから、「ぜひプリンセスハウスに」と夢を膨らませての来店なのだ。6冊全部を購入し、ポストイットだらけになった本を持参する人も多く、あまりの熱心さにスタッフが恐縮してしまうほど。かなり目の肥えたマダムであっても、6冊の実例集の中には、「これがやりたかったの!」というアイテムをたくさん発見できるに違いない。また、この実例集はインテリアのみならず、顧客のマダム&お嬢様がたの写真やライフスタイルなども紹介しているところがエレガンス派の読者の興味をそそられるのだ。「私もいつかこんな部屋に暮したい!」実例集の中に登場し、素敵なインテリアの部屋で微笑むマダムたちは、いつしか読者の羨望の的となり、「憧れのマダム」として強烈にインプットされるのである。実は細見さん自身も自らのライフスタイルをテレビに取材されることも多く、仕事と家庭を両立させながら、声楽(オペラ)社交ダンス、乗馬を趣味として楽しんでいる。また最新の著書「アニバーサリーインテリア」でも紹介されているように、自宅では頻繁に手作りの料理やテーブルコーディネートでのホームパーティを楽しんだり、ライフスタイルそのものが、手掛けるインテリアと同じ世界観を持つ事に共感するファンも多い。

「インテリアセンスアップサロン」

 プリンセスハウスにコンタクトするのは、メールや電話、来店ということになる。 気軽にショップを訪れるのは営業時間内であれば、予約の必要はない。しかし、具体的に見積もりや相談という場合は、事前に予約という方法を取っている。カーテン・家具などの単品の見積もりや相談は無料だが、一部屋トータルインテリアの相談&見積もりの場合は有料(初回のみ2時間31,500円ただし実際に購入した場合は金額によって相殺システムあり。)遠方でも交通費と上記の相談料を支払えば、デザイナーが現地へ訪問して相談にのってくれる。情報が少ない地方のお客様からの依頼は思っている以上に多いとのこと。また、「インテリアセンスアップサロン」という初心者のためのインテリアセミナーも開催しているので、まずここに参加してみるのもお薦め。詳しくはホームページを参照。
【Profile】
株式会社プリンセスハウスオーナー・インテリアデザイナー。東京音楽大学卒業後、インテリアと建築の資格取得。大手ハウスメーカーを経て、1993年、インテリアショップ「プリンセスハウス」を東京・青山にオープン。
著書に「インテリアエレガンスブック」「インテリアセンスアップサロン」「アニバーサリーインテリア」(トーソー出版)「プリンセスハウスStyle」「プリンセスハウスStyle vol.2」「プリンセスハウスStyle vol.3」(世界文化社)などがある。エレガント&ラグジュアリーなインテリアの第一人者としてTVや雑誌、講演などでも活躍中。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)
 
 
 
写真提供「アニバーサリーインテリア」細見貴子著(トーソー出版)