プロのインテリアコーディネーターを地域別、得意分野別に紹介。インテリアコーディネートをプロに依頼したい方はもちろんプロを目指す方、既に活躍されている方が集うウェブサイトです

インテリアコーディネーター名鑑 interior coordinator directory
TOPインテリアコーディネーター名鑑とはインテリアコーディネーター掲載者一覧インテリアコーディネーターブログ一覧書籍情報リンク集
インテリアコーディネーター掲載者詳細
佐藤 早苗Sanae Sato
問い合わせをする
〜生活者の視点で、家庭を築き人を育てる住い造りのお手伝い〜
商 号
佐藤早苗住いの相談室
住 所
〒711-0903 岡山県倉敷市児島田の口7-7-1
TEL
086−477−7646
FAX
086-477-4323
ホームページ
http://www.icsanae25.com/
ブログ
http://www.icsanae25.com/
営業時間
9:00〜18:00
休 日
不定休
活動エリア
岡山県、広島県、香川県

四〇歳からのスタート

 仕事を持つなんて考えたこともない専業主婦の私が、さまざまな出会いや偶然をきっかけにインテリアコーディネーターを目指すようになり、四〇歳で建築設計事務所に就職。建築の仕事を続けてはや二〇年が過ぎようとしています。
専業主婦時代、とりたてて「住まい」に関心があったわけではありません。でも、横浜・横須賀に二〇数年間住み、鎌倉を自分の庭のように利用する暮らしの中で、新しいもの、外国の香りがするもの、そしてそれらと対極にある日本古来の伝統や様式に日常的に触れ、自然に「住まい」や「空間」に対する感性が養われていったのでしょうか。
四〇歳の、何のキャリアもない私を採用してくれた設計事務所の所長は「あなたには、豊かな暮らしの中で培われた感性を感じる。それを生かしてほしい」と言ってくださいました。
「生活者の視点」は、そのときから一貫して私の仕事のテーマになっています。

人の一生を見通した提案を

 「自分のセールスポイントは?」と聞かれたら、迷わず「生活者の視点を持った、住まいのプロであること」と答えます。
長い結婚生活を通し、息子3人を育て、家事と仕事をやりくりし、両親を看取ってきました。赤ちゃんから大人に成長し、老いて最期を迎えるまでの「人の一生」を経験したことで、お客様の住まいに今、何が必要で何を考慮しなければならないかが、見通せるのです。
「今」の快適さや便利さをカタチに変えるお手伝いをしながら、人の一生にかかわった経験を生かして、さらに数十年先までの暮らしを見通した提案やアドバイスができればと思っています。

お客様の立場をわが身に置いて

 私の信条は、お客様の立場や状況をわが身に置いて考える、ということです。お客様の夢や要望を全部話していただきながら、何を求め、何を大切にしていらっしゃるかを十分に理解し、整理して、誠心誠意の努力をする。そのためにも、自分が納得しないことは提案しないと決めています。
和風住宅の新築を手掛けたとき、お客様が寝室を暗くしたいと希望されました。カーテンでは得られない暗さを求められていると判断し、窓に襖を二枚入れることにして、あらゆるメーカーの商品をあたりましたが、これはと思うものが見当たりません。
お客様は全面的に信頼してくださって、「あなたの判断に任せる」と言われました。きっと、それなりの紙を貼ったものでも満足されたと思います。でも、それでは私が納得できませんでした。
わずか二枚の襖でも、家全体の質感に見合うものでなければならない。そう考えた私は、京都にある、江戸時代から続く襖専門店に行って選ばせていただきたいとお客様にお願いしました。
そして、快く了解してくださったお客様と一緒に京都を訪ね、日本の伝統と文化を見事に表現した、素晴らしい襖を選ぶことができたのです。
新築から増改築、家具・カーテン選びに至るまで、インテリアコーディネーターに依頼するということは、お客様に何らかの「思い」や「こだわり」があってのこと。それをくみとり、提案してカタチにし、きちんと納めるのが、プロの仕事ではないでしょうか。
もちろん、「こだわり」や「思い」をどのあたりまで追求するか、お客様の考え方や状況、予算などを見定めた上での提案でなければなりませんが、お客様が心から喜び、満足してくださるように、私は最大限の努力をしたい。
「よく探してくるなぁ」のお客様の一言が、私の仕事に対する一つの評価だとひそかに自負しています。

得意の「和」に「北欧」のテイスト

  私の得意分野は、構造材をあらわしたり、木を生かすなどした民家や数奇屋などの和風住宅です。最近はそれに、北欧のテイストをプラスした空間づくりも手掛けるようになりました。
数年前、北欧の国々を旅して、デザインされた暮らしの美しさに目を見張りました。特に、照明と色使いが素晴らしい。やさしくて、やわらかくて、機能的。「和」にも多様に取り入れ、どちらの魅力も生かせると、確信しました。
視野を広げ、刺激を受け、最新の情報を得ることは、仕事上、欠かせません。自己研鑽のためイギリスやオーストリア、北欧などのヨーロッパには何度も足を運び、東京には毎年必ず出掛けています。
住宅関係のショールームや家具専門店のほか、美術館や博物館、話題のスポットを、四、五日間で足の裏にマメができるほど歩き回り、日本に居て得られる最新の情報、最前線の状況を、肌で感じるようにしています。
生活者の視点を、プロの提案に昇華させるためにも、自分を磨き続けることに貪欲でありたいと考えています。
【Profile】
1988年〜1990年 佐々井建築設計事務所
1990年〜2003年 (株)なんば建築工房
2003年〜   佐藤早苗住まいの相談室開設
【コーディネート実績】
戸建住宅 120件
マンション 0件
商業施設 15件
その他 障害者用戸建住宅プラン・コーディネート
【License】
インテリアコーディネーター
2級建築士
福祉住環境コーディネーター2級
【Private】
趣味 コーラス(合唱歴40年)、読書、手料理をふるまうこと
好きな音楽 クラシック   ピアノが特に好き
一番大切なもの 家族・時間
家の中で好きな場所 キッチン
お休みの日の過ごし方 家族のために腕をふるいます。おいしいお料理とお酒、楽しい語らいに安らぎます。
問い合わせをする
(画像をクリックすると拡大表示されます。)